**********************
いつも遊びに来ていただいて、ありがとうございます。
コメント大歓迎です
**********************

2006年10月29日

しつけ教室へ参戦

今日は、前橋商工会議所の産学連携プロジェクトの一環で行われる

しつけ教室へ行って来ました。

しつけ教室に行くというのに

NEC061029 (6).JPG
ユキちゃん、お嬢様です。

嘘です。馬子にも衣装です。

こんなやる気のない格好です。

せっかく買ったのに着ていく場所がないため、着せてみましたが、正直すっごく浮いてる・・・

まぁ。よしとしましょう。

そして、時間までカフェでご飯をいただくことに。

こちらは前橋テルサの1階にあるイタリアンレストランですが、テラス席のみワンちゃんも大丈夫です。

どうやらワンちゃん用メニューもあるらしいんですが、メニュー表をみてもどこにもないため、今日は人間用のみ注文。

なので、

NEC061029.JPG
なんかください・・・

すっごい見てる・・・そんなに見たって何も出てこないよ。

NEC061029 (1).JPG
うう・・・

ちょっと見えにくいですが、泣いてます。

そして、腹ごしらえもすんだところで、いざ出陣。

NEC061029 (4).JPG

NEC061029 (2).JPG

普段は閑古鳥の鳴いている商店街に人がいっぱいいます。

今日は、しつけ教室のほかにペット自慢コンテストなんていうのもやってました。

フリスビー犬や小鳥も来てました。

さて、しつけ教室ですが、






今日のしつけ教室はどちらかといえば大型犬のパピー向けのものでした。

トレーナーさんも警察犬訓練士のかたでしたので、訓練自体もすごくハード。

ただ、以前お世話になったトレーナーさんが常々

愛玩用に作出された犬種と作業犬として作出された犬種では、同じ服従訓練をするにしても、訓練方法がちがう

といっていた意味がよくわかりました。

また、最後にトレーナーさんから

個々に応じて手加減してください

とおっしゃっていましたが、今日のしつけ教室では

どう「加」したらよいのか、どこまで「減」すべきなのかわかりにくかったと思います。

せめてプリントなど、補足できる何かがあれば違うのでしょうが・・・

その加減がわからないから、テレビやしつけの本を見て、一生懸命しつけをしているのに一向に改善しないといってトレーニングにくる方が結構いらっしゃるというのもよくわかりました。

また、今日のデモンストレーションでは、てんかんの持病のある大型犬のパピーちゃんに足下でお座りさせるということをやっていました。

いやがるパピーちゃんをリードを使って足下までたぐり寄せて、座らせることをやっていたのですが、

トレーナーさんは気管が閉まらない位置にハーフチョークを移動させた上で、また気管を圧迫しない向きで引っ張っていましたが、

何もしらなければ、ただ闇雲におとなしくなるまで引っ張って座らせている様に見えました。

もし、気づかずに気管を閉めてしまったら、その反動でてんかん発作が起こってしまうかもしれないなと思いました。

また、同じ事をチワワでやったら・・・

訓練って難しいですね・・・

どのような方法がその子やその犬種にあっているかなんて、素人は判らないと思います。

有料のしつけ教室が個別、あるいは多くても4〜5名で1クラスとしているのがよくわかりました。

でも、そのようなことがわかっただけでも行った価値はあったと思います。

でも、

NEC061029 (6).JPG

ゼッケンつけて街を歩くのは、ちょっと恥ずかしかったです。

そして、ユキさんは、ほかのワンちゃんに吠えかけられて、足はガクガク、ずっとブルブルと震えていました。

リーダーウォークも普段どおりにできないし・・・

でも、小学生たちから

かわいい。かわいい。

と言ってもらえて、ちょっとうれしそうでした。


ニックネーム ユキ at 18:42| Comment(4) | TrackBack(0) | days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ユキちゃん、お疲れさまでした。
そしてママさんも〜。

しつけって、ほんと難しいですよね。
私は、今、岑で結構考えるとこ多いですね。
岑は、素直で明るい性格の子ですが、
どうも寂しがりやなとこが強いようです。
私がいないと、ものすごい高い声で鳴きます。
そして、私が青や他のわんちゃんに声かけたりすると
ものすごい勢いで吠えます。
青のときと同じような方法でいいこともありますが、
そうじゃないとこもあって。
犬種とか大きさとか、色々その子によって違いますよね。
でも、最近思うのは、しつけって大切だけど
それをする人間の考え方も結構重要かなぁ〜ってこと。
わんこができないのは、結局は人間のせいなような気がして。
わんこから教えられること、ほんとに多いなぁ〜って
思ってます。
長くなってすみません>_<
Posted by 青・岑ママ at 2006年10月29日 23:54
☆青・岑ちゃんママ
ほんとに疲れました・・・
トレーナーさんが言っていることはすごく為になったし、あれが個別指導やグループレッスンだったら全然問題なかったんです。
ただ、会場がやたらと狭い上に、大型犬も小型犬も入り乱れてのレッスンだったから。
こっちは大型犬がユキをまたぐたび(リーダーウォークといってもヒールで真横につけるのではなく、人間に付いてこさせるため犬は若干後ろを歩くんです。)びくびく。
ほかのワンちゃんは接触しそうになるたびガウガウ・・・
ユキが大型犬とすれ違った直後に座っちゃって「踏まれた」と思った私が立ち止まったら、
「あんたのような甘い飼い主が悪い犬を育てる」とつけていたゼッケンを引っ張られて歩かされるし・・・トホホ。

以上、愚痴でした。

でも、そのトレーナーさんが
しつけができない犬はいない。しつけができていないのは飼い主の方。
って言ってました。
犬は飼い主次第だって。
それはすごく正しいと思う。

ママさんは岑ちゃんにどうなってほしいのかな?
どうなって欲しいかのプライオリティをママさんの中で明確にするといいのではないかなと思います。
ママさんは真面目だし、何でもできちゃうから余計にいろいろ思うのかも。
これはできるようになって欲しいけど、こっちはいいかとかね。
うちは、吠えない、噛まない、待て、おすわり、トイレ、アイコンタクト以外はもういいかと思ってます。
おいでもどこでもできるようになって欲しいけど、多分外ではできないと思う。
だから、リードを離さない様に気をつけることで、できないのをカバーするとか。
なんでもできたら一番いいのかもしれないけど、私には無理でした。

でも、岑ちゃんはちょっと心配・・・
だって、吠えるって相当ストレスな訳でしょ。犬にとっては。
きっと寂しくて、焼き餅で吠えちゃうのはママさんのしつけができてないこととは違うと思う。だってずいぶん前からですよね。
なんでだろう・・・
全然効果はないかもしれないけど、フラワーレメディとかTタッチとかやってみたらどうかしら?
レメディは欧米ではポピュラーだし。副作用もないし。
でも、ママさんには青ちゃんもついてるから、悩まないでね。

長くなってごめんなさい。
Posted by ユキママ at 2006年10月30日 12:26
ユキちゃんのお姫様スタイル・・・ヨボが見たらイチコロですね。
そのチョーカーは、私が欲しいくらいです。

ヨボはしつけ教室に行ったことのない、無学歴なチワワですが、大丈夫でしょうか☆
Posted by アナキョンジャ at 2006年10月30日 14:25
☆アナキョンジャさん
チョーカーは私の手作りです。
市販のものはとてもかわいいのですが、いかんせんお値段が・・・

しつけ教室・・・行って無くても全然大丈夫で〜す!
行っても、ユキ程度です。あはは。
Posted by ユキママ at 2006年10月30日 22:22
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/552758
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック